/

この記事は会員限定です

地球に月が2つあったころ エリック・アスフォーグ著

惑星・衛星の話題 縦横無尽に

[有料会員限定]

コロナ禍で人と会うことが敬遠され、おしゃべりが激減した。普段の何気ない会話、脈絡のないおしゃべりが如何(いか)に大事だったかを改めて感じるのだ。話題があっちに飛び、こっちに飛びと、会話の中の言葉の連想からトピックが行き来し、最初に何を話していたのか、わからなくなる。そんなおしゃべりこそがなんと楽しく、ストレス発散になっていたことか。

書籍でも、その傾向がある。教科書は系統的に筋立てに沿って書かれて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン