/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(265)

[有料会員限定]

芝居見物の案内をすると言って、約束の時間に下宿に来たのは美濃部達吉の兄の俊吉だった。俊吉は明るい声で言った。

「いや、ちょうど良かったですよ、夏目さん。今ヘイマーケット座で上演しているシェリダンの"The School for Scandal(悪口学校)"は今年一番の当たり芝居です。切符もどうにか取れました」

と二枚の切符を見せた。二人は下宿を出て、劇場街にむかって歩き出した。

陽が落ちてほどなく、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン