/

この記事は会員限定です

米と力合わせ脱炭素加速 ジョン・マートン氏

英COP26特使

[有料会員限定]

米国が温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に復帰したのは世界の気候変動問題への取り組みを促す出来事で、興奮を覚える。米政府は素早くゼロカーボン(脱炭素化)へ向けて動くだろう。2021年、各国が野心的な温暖化ガス削減行動をとる環境が整った。英国のジョンソン首相はバイデン米大統領と、さっそく気候問題などについて話した。我々も気候変動を担当するケリー米大統領特使や彼のチームとやりとりしている。

英国が議長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1770文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン