/

この記事は会員限定です

経営人材育成、早期・計画的に 企業統治新時代

齋藤卓爾 慶応義塾大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○企業統治改革後も日本企業の業績低水準
○米では経営人材の若年化や会社間移動増
○日本では役員としての経営関与期間短く

日本経済新聞に「企業統治」という言葉が初めて登場したのは、1991年5月13日付「経済教室」の竹内弘高・一橋大教授(当時)の記事だった。企業統治はその後徐々に普及し、金融危機が起きた97年には年間186回登場した。つまり日本での企業統治に関する議論はバブル崩壊後の不祥事、業績...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン