/

この記事は会員限定です

自社に適合した形態模索を 企業統治新時代

加賀谷哲之 一橋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○資源配分が機能せず付加価値創造が低迷
○資本生産性の向上持続への信頼得られず
○世界標準の企業統治達成だけでは不十分

日本の企業統治を巡る風景は10年で大きく変貌を遂げた。例えば独立社外取締役を複数選任する東証1部企業は10年前の10%程度から直近では95%程度、3分の1以上を選任する企業も約6割にのぼる。報酬・指名委員会を設ける東証1部企業も2015年には1割前後だったが、直近では6割前後ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン