/

この記事は会員限定です

マザリング 中村佑子著

「母になる」意味 社会的に考察

[有料会員限定]

日本では、女性活躍推進の掛け声を受けて、男女共に仕事と育児の両立が目指され、実際に出産後も就業を継続する女性が増えている。性別役割分業が、女性のキャリア形成と経済的自立を阻んできたことを考えれば、女性の社会進出は高く評価されるべきである。

こうしたいかにも「正しい」主張に対して、本書では次のような見解が示される。「母の社会復帰を促し、母の個人としての人権を訴え、母の役割を父や他人と分担させ、そうし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン