/

この記事は会員限定です

補助金、中立性・競争確保カギ 中国の産業政策をよむ

渡辺真理子 学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○社会全体の利益を考える産業政策は有用
○造船では補助金が非効率な生産能力招く
○貿易以外に競争政策でも保護主義が存在

米バイデン政権への移行後も、米中関係では中国の産業政策と補助金のあり方が引き続き焦点となるだろう。問題の本質は、産業政策の有無ではなく、その運用が保護主義的であるかどうかだ。中国が社会主義市場経済と呼ぶ現在の体制の下では、中国企業に対する外国企業、国有企業に対する民営企業という...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2635文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン