/

この記事は会員限定です

アート・オブ・ベースボール(1) ニール・ライファー「シェイ・スタジアム」

スポーツ文化評論家 玉木正之

[有料会員限定]

野球(ベースボール)は少々異質の球戯(ボールゲーム)。小説・映画・演劇・絵画・彫刻・写真・建築……。これほど多様な芸術(アート)に表現された競技(スポーツ)は他にない。

「夜の球場は本物の教会よりも教会に似ている」と書いた作家がいる。天空に聳(そび)える外壁から輝くカクテル光線は濃い緑色の大地を照らし出し、飛翔する天使たちが舞い踊る空間で奇蹟(きせき)が起こる。

私はニューヨークのシェイ・スタジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン