/

この記事は会員限定です

リターンズ ジェイムズ・クリフォード著

先住民の世界観 その可能性

[有料会員限定]

21世紀初頭、切羽つまった人間社会で、先住民の存在感がつよまっている。『文化の窮状』『ルーツ』につづくクリフォード『リターンズ』の副題は、「二十一世紀に先住民になること」。描出されるのは現代の、混成文化的な、新しいかれらの生成だ。「滅びゆく民」というノスタルジックな差別的視線も、純粋に伝統的な民などという嘘っぱちも、ここにはない。偶然をとりこみ、呼称も状況に応じ変化させ、柔軟に生きのびるかれらが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン