/

この記事は会員限定です

SNS上の「表現の自由」は

ハナ・ブロックウェバ氏/ディタ・ハランゾバ氏/山本龍彦氏

[有料会員限定]

世界中でSNS(交流サイト)などでの表現の自由について議論が起きている。米ツイッター社が1月上旬にトランプ前米大統領のアカウントを永久凍結したことを機に「誰が規制するか」「どのような内容を制限するか」といった複雑な問題が浮かび上がっている。日米欧の識者に聞いた。

◇  ◇  ◇

運営企業に「透明性」義務 米テキサスA&M大准教授 ハナ・ブロックウェバ氏

トランプ前米大統領が1月6日の米連邦議会議事堂占拠事件に絡み、米ツイッターなどを通じて狂乱に加わったのは想定外の出来事だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン