/

この記事は会員限定です

画家・小村雪岱、挿絵に刻んだ気概と誇り

大正~昭和期の画業をたどって 真田真治

[有料会員限定]

大正から昭和初期にかけて活躍した画家・小村雪岱(せったい)は、泉鏡花の著書の装丁や邦枝完二が新聞に連載した時代小説「おせん」の挿絵を手掛け、美術好きにはよく知られた存在だ。だがその画業の全体像は、いまだ研究し尽くされていない。

とりわけ雪岱が雑誌に描いた膨大な数の挿絵については年譜にも明確な記載がない。私の職業は装丁家。木版刷りの工芸品のような装丁本が雪岱を知るきっかけであったし、希少な肉筆画にも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン