/

この記事は会員限定です

北海道の幸すする「三平皿」、魚使う汁の器を収集

暮らし知る800枚、私設の資料館で展示 田中正人

[有料会員限定]

北海道南部の郷土料理に「三平汁」がある。ホッケやタラ、サケ、マスなどを塩漬けやかす漬けにしたものを、根菜と煮込んだ汁物だ。それを食べるための皿を、北海道では「三平皿」と呼ぶ。

私はその三平皿を収集し、現在約380種類、800枚を私設の資料館で展示している。集め始めたのは、地元である北海道様似(さまに)町の様似郷土館の学芸員をしていた11年ほど前。偶然立ち寄った市立函館博物館で見た「三平皿コレクショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン