/

この記事は会員限定です

銀行の果たす役割変わらず 動き出す中銀デジタル通貨

戸村肇 早稲田大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○中銀は直接、個人・企業向け融資を担えず
○銀行と非銀行のシステムを効率的に接続
○システム障害や送金ミスは中銀に責任も

中央銀行が個人・企業向けに電子マネーの発行を検討する動きが広がっている。2020年には中国で「デジタル人民元」の実証実験が実施された。日本でも日銀が21年度内の実証実験の開始を目指している。

こうした電子マネーを中銀デジタル通貨(CBDC)と呼ぶ。人々がCBDCを持てれば、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン