/

この記事は会員限定です

民間通貨との相互依存続く 動き出す中銀デジタル通貨

トビアス・エイドリアン 国際通貨基金金融資本市場局長

[有料会員限定]
ポイント
○民間部門が通貨の技術革新と多様性担う
○中銀通貨だけでは環境変化に対応できず
○消費者保護やシステムの安定性が重要に

イノベーション(技術革新)と多様性が重要なことは通貨にも当てはまる。私たちはカードを機械に通す、スマートフォンを振る、マウスをクリックするといった様々な方法で支払いをしている。あるいは紙幣と硬貨を渡すこともあるだろう。ただ多くの国で、後者は次第に減ってきている。

今日の世界の通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2638文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン