/

この記事は会員限定です

堀威夫(9)プロデビュー

時代の気流に乗りヒット 日劇にも出演、妻と知り合う

[有料会員限定]

大学3年のとき、月に4万円は稼いでいた。大卒の初任給が1万円に満たない時代だ。明治の学費は親が出してくれるわけだから、まるまるこづかいになる。なのに残らない。

背伸びして高級なワイシャツや背広をオーダーしたり、相手にしてもらえないのに銀座の高級クラブに出入りしたりしていた。遊興費がかさみ、月末に付け馬がくる。悪銭身につかずとは、このことだ。

あるとき払い催促なしのミュージシャンのたまり場が五反田に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1130文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

堀威夫

ホリプロ創業者・堀威夫さんはバンドマン出身で、ホリプロを起業してからは歌手の守屋浩、舟木一夫を世に送り出し、グループ・サウンズのブームをしかけ、ザ・スパイダースを一躍人気者にします。和田アキ子、森昌子、山口百恵らをスターとして育て上げ、榊原郁恵主演のミュージカル「ピーターパン」をきっかけに演劇界にも進出します。東京の芸能プロダクションとしては初めてとなる株式公開も果たし(東証1部上場後、上場廃止)、芸能ビジネスの企業化に尽力しました。「若気の至り」が原動力だという堀さんの人生は戦後の芸能史そのものであり、現在の芸能界の礎だといえるでしょう。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン