/

この記事は会員限定です

対米従属の構造 古関彰一著

安保条約と憲法の矛盾考察

[有料会員限定]

昨年から今年にかけ、日本とアメリカの政権のトップが相次いで交代した。しかし、日本とアメリカの関係の基本線は維持され変わらない。著者は、この関係を戦後の射程で「対米従属」ととらえ、その構造と推移を考察した。そのため(日本の)「従属」、(アメリカの)「属国」など、目に痛い文字が本書を貫く。冷戦体制のもと、日米安全保障条約が導入され、日本国憲法とのあいだに矛盾をはらむ構造が、講和直後――戦後のスタートか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン