/

この記事は会員限定です

ネーデルラント 日常の発見(5) サーンレダム「ハールレムの聖バフォ教会堂の内部」

東京都美術館学芸員 高城靖之

[有料会員限定]

ピーテル・サーンレダムは日本ではあまり知られていないが、17世紀オランダで建築画、とくに実在する教会堂の内部を描いた名作を多く残した。教会堂内部を描いた画家は彼以外にもいるが、建物の測量を行い、それを基に遠近法を駆使して描いた正確さは他の追随を許さない。彼の描く教会堂には、装飾がほとんどなく、白い壁が印象的である。訪れている人もまばらで、抑えられた色調と相まって、独特な静けさを湛(たた)えている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン