/

この記事は会員限定です

RAGE(レイジ)怒り ボブ・ウッドワード著

トランプ政権の全体像 活写

[有料会員限定]

著者は1970年代のウォーターゲート事件をめぐるスクープでニクソン大統領を退陣に追い込んだ伝説的記者。その影響力ゆえ歴代大統領も取材に応じ、9人目となるトランプ氏も2019年12月から昨年7月まで計17回、9時間以上ものインタビューに同意した。

政権発足当初の国家安全保障チームとの関係、北朝鮮との外交交渉の内幕(金正恩との親書27通も入手)、新型コロナウイルス対応の舞台裏……。それまで断片的に報道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン