/

この記事は会員限定です

困窮時対応の改善、平時から あるべき安全網

阿部彩 東京都立大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○公共料金や家賃払えぬ人は平時にもいる
○コロナ禍の時だけの支援は理屈がつかず
○生活保護の柔軟な活用へ意識改革が必要

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が再発令され、生活のセーフティーネット(安全網)が一層求められている。本稿では、感染拡大と休業要請などの対応がもたらす経済的影響に対する政策のうち、国民の生活保障という観点から、個人や世帯に対する政策について論じたい。

人々の生活保障に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン