/

この記事は会員限定です

地域金融機関の収益に影響大 マイナス金利政策5年

左三川郁子 一橋大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○銀行券があるため無限に金利下げられず
○金融仲介機能の低下は緩和の効果弱める
○実質金利低下と自然利子率上昇の両立を

日銀が2016年1月にマイナス金利政策の導入を決定してから5年になる。この間、日銀の政策は物価安定目標の達成を目指す金融政策から、コロナ危機を経て金融システムの安定維持を目指すプルーデンス政策の方向に重心を移しつつあるようにみえる。本稿ではマイナス金利政策がもたらした効果と蓄積して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2669文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン