/

この記事は会員限定です

建築家ゆかりの地(8) 香川と山本忠司「瀬戸内海歴史民俗資料館」

建築史家 松隈洋

[有料会員限定]

山本忠司は、一人の建築技師として、香川県の建築文化の育成に大きな足跡を残した建築家である。戦争を挟んで京都で建築を学び、空襲によって市街地の8割を焼失した高松の惨状を前に、郷里香川の戦後復興を担うべく、48年の卒業後、県庁に入庁し、建築技師として働き始める。そして、金子正則知事の下、丹下健三の設計で58年に竣工する県庁舎の建設に担当者として携わっていく。その後、40代の丹下の代表作となる県庁舎の現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン