/

この記事は会員限定です

円高抑制で経済を下支え マイナス金利政策5年

本多佑三 大阪学院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○中長期金利の低下促し円高進行に歯止め
○出口急がず米追加緩和への対応策検討を
○金融機関は自己資本充実で危機に備えよ

マイナス金利政策が導入されてから約5年が経過した。最初にこれまでの実体経済、為替相場、金融政策の動きを確認する。伊藤隆敏・米コロンビア大教授らの書籍を参考に作成した図を基に4点を指摘したい。

第1に名目実効為替レート(輸出額で加重平均した為替レート)と製造業資本金1億円以上の企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン