/

この記事は会員限定です

建築家ゆかりの地(7) 江津と吉阪隆正「江津市庁舎」

建築史家 松隈洋

[有料会員限定]

1950年から2年間、早稲田大学助教授を休職してル・コルビュジエのパリのアトリエに学び、帰国して母校に戻った吉阪隆正は、自邸やベネチア・ビエンナーレ日本館を手始めに、精力的な設計活動をスタートさせる。そんな彼が58年、縁あって江津市庁舎の設計のために現地を訪れる。

初めての市庁舎の設計に特別な思いを抱いたに違いない。父の赴任先のヨーロッパで長く暮らした幼少期の経験から、西欧諸国の市庁舎が持つ独立と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン