/

この記事は会員限定です

顕微鏡で楽しむ極小の美「珪藻アート」

川や海で集めプレパラートをデザイン、作品集を出版 奥修

[有料会員限定]

肉眼では鑑賞できない小さな小さな美の世界、それが「珪藻(けいそう)アート」だ。水中にいる藻の仲間、珪藻が持つガラス質の殻を集めて並べ、一つの作品にする。珪藻の大きさは0.005ミリメートル~0.5ミリメートルほどだが、丸や三角、星形や細長い棒状など実に様々な形をしている。

珪藻は海や川から採集し、きれいに洗って乾かして使う。珪藻を並べたプレパラートに光を当てて顕微鏡をのぞくと、夜空の星のような美し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン