/

この記事は会員限定です

走行中給電の検討を 脱炭素社会と自動車

堀洋一 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○エネルギーは車載電池だけが解ではない
○電気自動車の利点は脱炭素だけではない
○道路を電化し給電可能なシステム導入を

クルマは電動化へとかじを切った。エンジンは電気モーターに置き換わり、100年もすればクルマはモーターで走る電気自動車(以下EV)になるだろう――と言ってきたが、これが2030年に早まりそうな勢いである。

モーターはいいが、EVへのエネルギー供給問題は未解決である。なぜEVに「止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン