/

この記事は会員限定です

物語の近代 兵藤裕己著

今日の文学 可能性探る試み

[有料会員限定]

近代小説は物語を克服して誕生したが、それでも物語は不滅だ。たとえば世界をこちらとあちらに二分割して主人公を活動させれば、異界の鬼と戦う少年の物語も生まれ、偽(フェイク)の世界と戦う大統領という物語も生まれる。善/悪、聖/俗といった二分割に基づく物語の世界像は単純だが強力だ。エンタメから政治イデオロギーから宗教まで、物語は強烈な感染力をもって人を熱狂させ煽動(せんどう)する。

その不可思議な力ゆえに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン