/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(231)

[有料会員限定]

「本当に先生のお人好しも、いい加減にしてもらわないと困ります」

台所で女中のとくが怒ったように言った。

「何がですか?」

小芋(こいも)を煮ていた鏡子がとくを見た。

「ですから、試験に落第しそうな学生たちの面倒を見られることですよ。あんなふうに成績の悪かった生徒を、その度ごとに救っていたら何のための試験かわからないじゃありませんか。まったく。勉強しないで遊んでばかりいたからイケナイんですよ」

「ばってん寺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り575文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン