/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(229)

[有料会員限定]

小天(おあま)から戻ってしばらくして、前田家からミカンと乾椎茸(しいたけ)が届いた。

二月の紀元節は熊本も珍しく雪が降った。その雪を見ながら、金之助は新聞『日本』紙上に正岡子規が発表した『歌よみに与ふる書』を読んでいた。短歌革新運動を子規は唱えていた。

「いよいよ、おっぱじめやがったな、大将」

子規の文章は、近年の和歌すなわち短歌が置かれた現状を憂い、このままでは我が国の伝統が衰退していくと鋭く論じ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン