/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(227)

[有料会員限定]

明治三十一年の正月、金之助は小天(おあま)温泉、前田家三号室の窓辺に座り、むかいの居間から聞こえて来る笑い声を聞いていた。

別荘の男女衆が手持ち無沙汰なのか、山川信次郎が朝から屠蘇(とそ)の酒に酔ったのか、広間に衆を集めて、落語の真似(まね)事をして笑わせていた。

――あんなもんで落語のつもりなのか……。

金之助は呆(あ)きれていた。

妻の鏡子は、いたる所が汚れているだろうと来たがらなかったので、熊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り613文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン