/

この記事は会員限定です

荻原浩「ワンダーランド急行」(13)

[有料会員限定]

1.異世界への扉はどこにあったのか? 13

「なんだか具合が悪くてね。今日は休もうかなって」

「あららぁ、たいへん。熱は何度?」

「えーっと、熱は……」かなり高そう、と言いかけて慌てて下唇を噛(か)む。熱はまずい。37度5分なんて言ったら、即出社停止。検査に行けと言い渡されるだろう。スケジュール管理だけでなく、健康管理もなってないヤツという烙印(らくいん)を押されてしまう。

「熱はない。酷い下痢で…胃腸の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン