/

この記事は会員限定です

建築家ゆかりの地(2) 宇部と村野藤吾「宇部市渡辺翁記念会館」

建築史家 松隈洋

[有料会員限定]

この劇場は、宇部を工業都市へと発展させた地元出身の実業家・渡辺祐策の功績を後世に伝えるべく、没後に関連会社の寄付で建設され、日中戦争直前の1937年4月の竣工後、宇部市へ寄贈された。村野藤吾が手がけた最初の公共建築であり、戦争へと突き進む時代状況とは相容(あいい)れない「宇部市民館」という名称で発表された。

残された資料からは、この名称に託した村野の思いが見えてくる。発想のヒントになったのは、30...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り295文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン