/

この記事は会員限定です

荻原浩「ワンダーランド急行」(12)

[有料会員限定]

1.異世界への扉はどこにあったのか? 12

「会社をサボった」なんて美冬に言おうものなら、「いまからでも行っといで」と尻を蹴飛ばされて玄関から放り出されるだろう。

サボるのも楽じゃない。サボりは想像するまでが楽しいのであって、実行してしまうと、とくに楽しくもないものだ。目の前のふたこぶ山を眺めて、私はほかりとため息をつく。

緑色に埋めつくされた山肌は、巨大なブロッコリーのようだ。地図には名前が載らな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン