/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(224)

[有料会員限定]

「まあ、本当にそんなことを旦那さまが奥さまにおっしゃったのですか?」

「はい。"あいつが、俺の本当の好みの女性さ"って何やらなつかしそうな顔をして笑っておられました。何でも帝大時代に駿河台の眼医者さんの待合室でお逢いになったそうです」

「そんな昔の話をよく覚えていらっしゃいますね。しかも相手の女性の話を奥さまになさるとは、旦那さまこそ、オタンチンのパ、パ、パ……」

とくが言葉に詰まると、鏡子が

「オタンチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン