/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(223)

[有料会員限定]

夕刻、金之助は屋敷の庭に出て、一面にひろがる桑の畑を眺めていた。

その日の夕陽は特別美しかった。

あざやかに染まった彩雲がいく層にも重なり、時折、雲間からキラリと差す陽差(ひざ)しが、街の喧噪(けんそう)を歩いている時にどこからともなく聞こえて来る女性の艶やかなささやきに似ていた。

「あの方のことを好いていらっしゃるのね」

そのささやきが本当に誰かが交わした会話なのかは正確にはわからないが、金之助は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン