/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(225)

[有料会員限定]

「……そうか、人間というものは、同じような光景を見た時に、記憶がよみがえるのか」

金之助はもう一度、沈もうとする夕陽を見た。

やはり駿河台や、本郷の坂道に立ち止まって眺めた夕陽のあざやかさと同じだと思った。

しばらく陽光と彩雲に目を奪われ、金之助は声に出して言った。

「あの人は今、どこで何をしているのだろうか?」

声に出してみると、忘れていたはずの時間がよみがえり、金之助は淋(さび)しい気持ちになった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン