/

この記事は会員限定です

サミット エド・コンウェイ著

歴史的会議の舞台裏に迫る

[有料会員限定]

本書は、第2次世界大戦後の国際金融体制を形作ったブレトンウッズ会議で、実際に何が起こったのかを叙述し、特に、20世紀を代表する経済学者で英国側に立つケインズや、米国側の中心人物ホワイトを中心に、政策決定者の人物像も踏まえた「人間ドラマ」として分析する。書名の「サミット」は、通常の「国際的指導者の会議」の意味ではなく、ブレトンウッズ会議が、「現代の国際経済外交のまさに頂点」に立つ歴史的会議であったか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン