/

この記事は会員限定です

ニッケル・ボーイズ コルソン・ホワイトヘッド著

黒人への理不尽な暴力 痛感

[有料会員限定]

米国フロリダ州の少年院で、かつて収容されていた少年たちが激しい虐待を受けていた。なかには殺されて埋められた者たちもいたという。虐待していた側はおもに白人で、されていた側はおもに黒人だ。最近暴露されたこの事実に基づき、執筆された小説が本書。少年院にいた少年の一人、エルウッドが数十年後に虐待を暴露する新聞記事を読み、その場に「戻らねばならない」と考えるプロローグから、本編の物語が始まる。

物語の主人公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン