/

この記事は会員限定です

モデルの一生(9) グスタフ・クリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」

作家 山内マリコ

[有料会員限定]

ナチスはユダヤ人から、命だけでなく美術品も奪った。正当な所有者やその家族に作品を返却する国際的な活動はまだ続いている。

映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」は、クリムトの代表作をめぐるアート・ミステリー。ナチスに強奪された「アデーレの肖像」は、戦後長く、オーストリアのベルヴェデーレ宮殿に所蔵されていた。国宝級の、名画中の名画だ。

しかしこの絵は現在、ニューヨークの片隅にあるギャラリーへと居場所を移し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン