/

この記事は会員限定です

ビンテージ服を分解展示 試作サンプルで着心地も

フランス革命前後のコートなど、美意識知る 長谷川彰良

[有料会員限定]

20歳のとき、100年ほど前のフランスの消防服を分解して感動のあまり涙を流した。粗野なウールの作業着なのに、現代の高級注文服のように丁寧に仕立てられていたからだ。100年前の服に覚えた感動を、100年後につなぎたい。そんな思いで、衣服の半分を分解して内部構造を標本のように展示する「半・分解展」を2016年から主宰している。

紳士服作りを学んでいた専門学校生のとき、ビンテージ服に知的好奇心をかき立て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1162文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン