/

この記事は会員限定です

労働移動と生活保障の両立を 雇用激変に備える

権丈英子 亜細亜大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ禍で非正規雇用の脆弱性浮き彫り
○貧困問題の根源的原因は女性の労働市場
○所得捕捉やマイナンバーの活用を進めよ

新型コロナウイルス感染症の拡大で雇用は大きな打撃を受けた。特に非正規雇用者数の減少は大きく、2020年7月には前年同月比で最大の131万人減を記録した。冬には第3波が襲い、今はその渦中にある。

図は総務省「労働力調査」を基に、20年11月の主な産業の正規・非正規別雇用者の前年同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2661文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン