/

この記事は会員限定です

ギグワーカー、満足度高く

鶴光太郎 慶大教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ下で労働時間や賃金が大幅に低下
○働き方の柔軟性と保険機能の利点を享受
○柔軟性と安定性のバランス分析を進めよ

フリーランサーやネットで単発的な仕事を探すといった雇用されない働き方が、近年ますます注目されるようになっている。米ウーバー・テクノロジーズなど各種プラットフォームの隆盛がこのような働き方を急拡大させていると同時に、コロナ危機はこのような働き方に対し通常の雇用者よりも大きな負の影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン