/

この記事は会員限定です

経済構造改革進める好機に 危機克服への道筋

グレン・ハバード コロンビア大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ危機は労働市場の亀裂あぶり出す
○米新政権では中国問題と経済改革は連動
○個人の変化への対応力を高める政策重要

1年前にこの原稿を書いていれば、米国についても他国についても、2020年と21年の経済的混乱を予想するのは難しかっただろう。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)は先進国経済の構造問題を浮き彫りにすると同時に、国内外での課題にどう取り組むべきか、その枠組みも提供すること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン