/

この記事は会員限定です

絹の花「つまみ細工」江戸の技を現代にアレンジ

普段使いのアクセサリーなど独学で制作 藤井彩野

[有料会員限定]

絹の生地を数センチ四方に裁断し、その小さい布片を一枚ずつピンセットでつまみ折り畳んでいく。のり付けして完成するのは花や鳥といった華やかなモチーフだ。江戸時代の町娘らが髪に挿していたという伝統工芸品「江戸つまみかんざし」は長い歴史を持つ。

私はそのかんざしに用いられる技法「つまみ細工」を独学で習得し、日常生活でも使えるようにアレンジした装飾品を作っている。素材にはレーヨン、和紙なども使って、ピアス、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン