/

この記事は会員限定です

伊集院静「ミチクサ先生」(217)

[有料会員限定]

あと十五町ばかりの山道で、しとしとと雨が落ちて来た。山川が雨笠を金之助に渡し、彼は油紙を肩から被った。金之助も用意しておいた赤い毛布を頭から被った。雨雲を仰げば海の方の空が白みはじめているから、長くは続きそうもない。二人とも山登りに慣れていた。

雨が降ると鳥の鳴き声がやんだ。雲雀(ひばり)の声が先刻まで軽やかに聞こえていたので、金之助は雨がくやまれた。雲雀の声を足で踏んでいるような歩行ですこぶる心...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン