/

この記事は会員限定です

モデルの一生(7) 安井曽太郎「金蓉」

作家 山内マリコ

[有料会員限定]

安井曽太郎の「金蓉(きんよう)」は、急いで描いたように粗い。繊細なディテールが魅力のチャイナドレスは、大胆に簡素だ。裏地の質感はべっとりしているし、肩のあたりには描き直した跡が残る。

名画として名高い本作を東京国立近代美術館の常設展示室で見たとき、印象深かったのは解説にモデルの名前が書かれていたこと。小田切峯子は満州のホテルで働く、5カ国語が堪能な、政財界では有名な女性だったという。金蓉は彼女のあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン