/

この記事は会員限定です

モデルの一生(5) パブロ・ピカソ「泣く女」

作家 山内マリコ

[有料会員限定]

「ゲルニカ」は1937年6月に完成したが、数量でいえばそれは「泣く女」の年だった。同年ピカソは習作を含め、60作の「泣く女」を描いている。もっとも有名なのはこの油彩画だろう。

ピカソの絵はモチーフの大半を女性像が占めている。その時々にご執心だった妻や愛人をモデルにし、この時期はドラ・マールから創造の刺激をもらっていた。

ドラ・マールは前年にピカソと出会い、約9年「愛人」だった。しかし愛人である前に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン