/

この記事は会員限定です

カニ、高級食材への「出世」街道をゆく

かつては肥料、高度成長期「かにすき」誕生 広尾克子

[有料会員限定]

冬の味覚カニは真っ白で甘い脚身と甲羅のカニミソが絶品で、目の前にするとついむしゃぶりついてしまう。今では大人気の高級品だが、実は1960年代半ばまでさほど注目されず、浜では捨てられることもあった。毎年カニ目当てに山陰に通うほど好きな私は、その"出世"を10年前から調べてきた。

子供の頃からカニを食べていた。大阪で生まれ育ったが、両親の出身地である福井の親戚が、シーズンになると送ってくれていたのだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン