/

この記事は会員限定です

荻原浩「ワンダーランド急行」(4)

[有料会員限定]

1.異世界への扉はどこにあったのか? 4

時間を巻き戻せないかと本気で考えた。せめて時間を止められないか。ムリか。次の駅で降りて上りに乗り換えたら会議に間に合うだろうか。

いや、だめだ。あそこは通勤快速が停まらない。普通列車でこの駅に戻ったとしても、快速の次に来るのは準急だ。

こん  こん。

揺れる吊(つ)り革が側頭部を叩(たた)く。だし味噌頭の持ち主をどやしつけるように。突っ立ったままの私を向か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン