/

この記事は会員限定です

モデルの一生(4) マン・レイ「黒と白」

作家 山内マリコ

[有料会員限定]

その時代、その街の、化身のような人がいる。1920年代のモンパルナスにとってのキキがまさにそれだ。

フジタ、キスリング、あらゆる画家が彼女を描いたが、ギャラをとる職業モデルというより、一緒にお祭り騒ぎする仲間だった。肖像権もありゃしない。なにしろポーズをとらなくても勝手に作品にされるのだから。画家はキキをとおして自分の見たい女を見、描きたい女を描いた。同一人物とは思えない作品も多い。

「狂乱の時代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン