/

この記事は会員限定です

モデルの一生(3) 藤田嗣治「アンナ・ド・ノアイユの肖像」

作家 山内マリコ

[有料会員限定]

不思議な絵だ。特徴的な前髪は三白眼を妖しく引き立て、パールのネックレスを斜めにつけたスタイリングは現代のファッションフォトの趣。時代を超越したモダンさがある。決定的なのは、この絵には背景がないこと。サインすらない。おそらく未完なのだ。

藤田嗣治の妻だった仏人女性ユキの回想に、この絵が描かれたときのエピソードが出てくる。モデルは当時サロンの女王的存在だった詩人のアンナ・ド・ノアイユ伯爵夫人。おしゃべ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン